毎日が短い

日常的な話

ケータイを落としてはいけない

特別お題「おもいでのケータイ」

 今までガラケーを5台、スマホを3台と変えてきた私だが、一番思い出があるケータイはなんだろうと考えるとある一台のガラケーだろう。

 このガラケーは大学生の頃に使っていた。ちょうど就活の時期に使っていて、ある合同企業説明会にもそのケータイを所持していた。2度目の合同企業説明会の時だったと思う。いつものように気になる企業の説明を聞いて会場をあとにして、疲労困憊ながらも電車に乗って家に帰ろうとしていた。終点で乗り換えるので安心して寝ていた。そうして終点に到着して、私はうとうとしながら電車を降りた。乗り換える電車のホームまでぼーっとしながら歩き、ぼーっと立ちながら電車を待っていた。そして電車が来たから乗り込んだ。そうしてふーっと一息ついてケータイを見ようとポケットに手を当てた。

 しかし、そこにケータイはなかった。違うポケットに入れたのかとスーツのポケットを手当たり次第触ってみるが入っている感触はない。カバンに入れることはほぼないけれど一応確認した。けれどやはりケータイはないのである。

 ケータイを落とした。最初に乗っていた電車でケータイを触っていたのは記憶している。触りながら寝落ちしたことも覚えている。だから、きっとあの電車の中だ。しかしすでに乗り換えていて戻るのにも時間がかかる。誰かが拾ってくれた可能性もある。とりあえず電話してみよう。そう思って電車を降りた。

 当時は何を思ったのかガラケー二台持ちをしていたので、もう一つのケータイで電話をしてみた。しかし誰も出ない。というより電源が落ちているようだった。不安が襲う。いろいろなデータが入っているし悪用されるのではないかと心配事が浮かぶ。

 とにかくケータイをロックしてもらおうと近くの携帯ショップに相談に行こうと考えた。しかし時は夜の9時過ぎ。携帯ショップは閉まっていた。困った。とにかく困った。

 よし、とりあえず落ち着くために家が近いし一旦家に帰ろう。そうして家に帰った。帰ってからパソコンで落とした時の対処法を検索した。電車で落とした場合、駅に落とし物として届いている場合があると書いてあった。善は急げとまた電車に乗って、落としたと思われる線路の駅まで行って駅員に聞いてみた。しかし落とし物の届け出はなかった。一応機種を伝えて家に帰ったが、翌日もその翌日も連絡はなかった。どこへ行ってしまったのか。あのケータイには大学時代の思い出がたくさん詰まっていた。好きな人とのメールや、サークルの合宿写真、大学時代の思い出のすべてが入っていた。すべてを無くして悲しみに暮れたと同時に、なんで私は就活でケータイを落とすほど疲れているのだろうと思ってしまった。

 今までいくつかのガラケーを使ってきたけれど、一番好きなデザインだった。だから紛失届を携帯ショップに出して同じ機種を手に入れた。その2代目ケータイはスマホと2台持ちで一昨年まで現役だった。本当にお疲れ様である。

sponsored by KDDI

ニンテンドースイッチを買った

 3月3日にニンテンドースイッチが発売した。発表当時はスプラトゥーン2が夏発売だからそれまで買わなくていいかなと思っていました。しかしスプラトゥーン2の体験版である試射会が3月25日、26日に各一時間で一日3回実施すると聞いて、WiiUスプラトゥーンでは試射会はやらずに、発売後に周りの反響を見て買ったので、今回はぜひ試射会から参加したいと思いました。

 そして私はニンテンドースイッチを購入しました。

 といっても、予約開始日にはスプラトゥーン2の試射会の情報は出ていなくて、知ってから通販サイトを見て回りましたが、どこも予約受付終了。店舗もいくつか回りましたが受付終了で試射会無理そうかなと思っていました。

 しかし通販サイトでたまに予約受付が再開していました。といっても予約台数は数台分で何十秒で受付が終了してしまう激戦。そこをなんとか乗り越えて無事に2月下旬に予約をすることができました。

 そして3月3日。我が家にニンテンドースイッチが届いたのです。しかしソフトは買っていません。ボンバーマンを買う予定でしたが、オンライン対戦でのラグは相当ひどいようで、購入は控えることに。ゼルダをしてもいいかなとは思っていますが、途中で飽きてしまいそう。ニンテンドースイッチスプラトゥーン2までインテリアの一部になってしまうのだろうか。

カラオケで歌う曲の変遷

今週のお題「カラオケの十八番」

 カラオケに初めて行ったのは高校生になってからだろうか。カラオケが家の近くになかったためにカラオケってなんだよ、家で歌えばいいじゃねーかぐらいのことを考えていましたが、いざカラオケに行ってみると楽しかった思い出があります。

 高校卒業後はカラオケでオールもよくしたものです。カラオケに行くと迷うのが歌う曲。高校生の頃からアニメは好きで、アニソンも歌っていましたが、同時に毎週Mステを見る程度にはJ-POP全般を聞いていたので色々と歌っていました。その中でも大学生ぐらいになってからだろうか、毎回カラオケで歌う曲ができました。

 それが「WINDING ROAD」。当時はカラオケ採点が周りで流行っていたので、できるだけ高得点が出せる曲を中心に歌っていました。その中で、うまいこと高得点が出せたのがこの「WINDING ROAD」。どうして高得点が出せたのか。今思うとコブクロと綾香の3人で歌っていたから音程が3つあったわけですね、歌がうまくなくても3つも音程があれば一つぐらいには合うもので、それで高得点になっていたんじゃないかと思います。

 ほかに十八番になりそうだった曲を振り返ってみると、ファンキーモンキーベイビーズの「告白」やGReeeeNの「旅立ち」「刹那」、いきものがかり「ブルーバード」、AquaTimez「虹」でしょうか。

 これらの曲を発売年を見てみると、2007年から2009年ごろで、この時期が一番J-POPを聞いてたんですね。その後流行はニコニコに移り、今はアニソンしか聴きません。

 そういえば今年に入ってから一度もカラオケに行っていません。久しぶりにカラオケで十八番にできそうな曲を探してみるのも悪くない。

新聞の切り抜きを卒業した

今週のお題「卒業」

 最近なにか卒業したことがあるかなと昨日から考えていたけれど、今日ふと思い浮かんだのが、新聞の切り抜きだ。新聞を読んで気になった記事をスクラップしてまとめていたのだが、数か月前から新聞を読まなくなった。

 代わりにスマホのニュースアプリを見るようになり、新聞の切り抜きをしなくとも、ニュースアプリで気になった記事があればそれをツイッターにあげるなり、Evernoteにまとめておけばいいことにも気が付いた。

 新聞の切り抜きは2014年頃から始めた。確か池上彰さんの著書を読んで、自分も気になる記事をまとめてみようと思ったのだ。そうして、自分が興味ある分野の記事を見つけては切り抜いて紙に張り付けてまとめていた。しかしまとめたところで読み返さないのである。読み返さないものをまとめていても仕方がないし、新聞記事をスクラップすればするほどそれを保管する場所も確保しなければならない。見ないものを見える場所に閉まっておいても仕方がないので、押入れにしまうようになった。そして去年の12月を境に新聞の切り抜きから卒業した。

 代わりにニュースアプリを使っていると書いたが、今現在対して使っていない。トップニュースを見る程度で、新聞をすべてめくり、ざっと見ていた頃よりニュースを見る時間は減った。それが良いのか悪いのかはまだわからない。ただ今まで溜めた新聞の切り抜きを捨てるために整理整頓する中で、こんな記事もあったなと思うものもある。それは総じてニュースサイトのトップには載らない小さな記事で、それらを見つけることができるのは情報量過多のニュースサイトでは至難の業で、やはり取捨選択された新聞のほうが役に立ちそうだと思うのである。それでも切り抜きは大変な作業なので、ニュースアプリでそのような気になる小さな記事を見つけられるよう試行錯誤をしていきたいと思う今日このごろであった。

20分の停電で感じた不安

 さきほど岐阜三重長野などで停電が発生した。約20分間停電していたわけだけど、ちょうどトイレにでも行こうかと思っていたところに停電がきて、トイレどうするんだという不安と20分間戦っていた。我が家だけが停電しているなら近くのコンビニに行けば良いわけだけど、広範囲で停電した場合、寒い中コンビニ行っても尿意が強くなって帰ってくることになるだけだ。Twitterで情報収集すると広範囲ということがわかったので、家でじっと復旧を待つことにした。あっという間の20分間だったけれど、停電によって感じた不便さとその不便さに対応できないことに不安を覚えた。大災害に巻き込まれたらストレスで倒れてしまいそうだ。

 そのためにも防災グッズは準備しておかねばならないと。特にトイレ関係は準備しておかないと頻尿の私は思うのでした。

最近遊んでいるリアル脱出ゲームについて

今週のお題「何して遊んだ?」

 何して遊んだ?と聞かれて最近友人と集まってした遊びといえばリアル脱出ゲームが思い浮かぶ。リアル脱出ゲームとは謎解きゲームのことなのだが、例えば密室に飛び込められて部屋にある謎を解いて脱出を図るというものや、椅子に座って机に置かれた謎を一つ一つ解いていきクリアを目指すもの、ドームや遊園地を貸し切って謎を解くものまである。最初に参加したリアル脱出ゲームは「名探偵コナン オリエント急行からの脱出」。これが本当に難しくてどうやったらその答えを思い浮かべることができるのかが謎で、今まで10個ぐらいの脱出ゲームに参加してきましたが、最初に参加したこのコナンが一番難しかったと思います。初めてだったから分からないこともあって難しかった面もありますが、謎自体も今まで参加してきた中で最難関でした。

 そして時は過ぎ2017年1月。友人たちと行った「暗号王国からの脱出」にて、初の脱出成功となりました。ひゅーぱちぱち。ただこの暗号王国からの脱出は、一般的なリアル脱出ゲームの脱出率数%と違って、多くの参加者が脱出できるような難易度でした。それでも5割ぐらいかな。そのため不完全燃焼感がありました。実際は残り1分前にクリアしたのでぎりぎりだったのですが、やはり数%しか脱出できないイベントにおいて脱出できたという快感を味わいたいと思ってしまいます。脱出成功できたことはうれしいのですが、次こそは数%の内の一人に入りたい。そう願うばかりです。

realdgame.jp

卒展とゴッホとゴーギャン展に行った話

 本日は名古屋造形大学の卒展とゴッホゴーギャン展を見に行ってきました。まずどちらから先に見に行くかという問題にぶち当たりましたが、やはりまずは卒展へ。名古屋造形大学は様々なコースがあるようで、絵画やアニメーション、プロダクトデザインやイラストレーションなど様々な作品が数多く展示されています。印象に残った作品がいくつかありましたのでメモ程度に書いておこう。

https://pbs.twimg.com/media/C5CQZbBUMAIKj5T.jpg

 作品名はメモしていないのでタイトル不明ですが、とても印象に残る作品で狂気を感じました。狂気を感じつつも魅力を感じるものがあり、見ていて自分について考えたりしましたね。

https://pbs.twimg.com/media/C5CQciiVYAEuL9V.jpg https://pbs.twimg.com/media/C5CQbIkVUAIUcnw.jpg 

 続いての作品はこちら。左の絵のタイトルは「無題」と書いてあって、いやせめてタイトル考えようよと思いました。モノクロな画も好きですので撮っておきました。どうして無題というタイトルにしたのかが気になります。

 右の写真はタイトルは忘れましたが、四季を表現した作品で紅葉の秋が一番好きです。秋と言えば紅葉で安心した一枚なのですが、夏や冬の表現力もとても気に入って季節ごとに玄関に飾っておきたいなと思いました。四季はいいですね。冬を雪にしなかったのが特によかったです。

 他にも気になる作品はありましたが、写真を撮っていないので卒展についてはこのへんにしておく。

https://pbs.twimg.com/media/C5CQeCKUYAAGrZ3.jpg

 続いてゴッホゴーギャン展。もともと今日は卒展をメインに見に行く予定でしたが、ちょうどゴッホゴーギャン展をしているということなので、じゃあ時間も余ることだし見に行こうとなりました。3時ごろに行ったら当日券を買う人の行列ができていてびっくり。たくさん人来るんですね。卒展と比較するものではないと思いますが、やはり巨匠は別格というかみんな行くものなんだなと感じました。当日券の列に並びチケットを購入しいざ中へ。このゴッホゴーギャン展は音声ガイドがあって、ゴッホ役は小野大輔さん、ゴーギャン役は杉田智和さんが声をあてています。声優界では有名な方で私も好きな声優さんだったので音声ガイドをつけて回ってきました。

 はっきり言いますと、音声ガイドは非常に有意義なものでした。ゴッホゴーギャンは名前とひまわりや自画像程度しか知識がない私でしたが、二人の画家としての始まりや二人の出会い、共同生活、その後の人生を音声ガイドによってとてもよく理解することができました。たぶん音声ガイドがなかったら、ふーんぐらいの感想で見終わっていたかもしれません。人込みのざわめきの中で文章を読んで理解するのは集中力が必要で、音声ガイドは文字を読まずして耳だけで理解することができてとても記憶に残ります。好きな声優さんというのもあったと思いますが、とても素晴らしい音声ガイドでした。

 音声ガイドつきで見終えた感想としては、ゴッホゴーギャンを好いていたのはよくわかったのですが、ゴーギャンゴッホのことをそこまで好いていたのかどうかが疑問です。友人にそれを話したところ、ゴーギャンツンデレなんだよと言っていましたが、さてどうなんでしょう。ゴーギャンはとても野生や自然の中で暮らしたいと熱望されていたようで、都会に暮らしたいと思う私とは正反対ですね。二人の絵の変化についても音声ガイドでとても触れられていて、ゴッホゴーギャンについてあまり知らない人はぜひ音声ガイドを聞いて回ってほしいと思います。

 ということで、卒展とゴッホゴーギャン展の話でした。