毎日が短い

日常的な話

新聞の切り抜きを卒業した

今週のお題「卒業」

 最近なにか卒業したことがあるかなと昨日から考えていたけれど、今日ふと思い浮かんだのが、新聞の切り抜きだ。新聞を読んで気になった記事をスクラップしてまとめていたのだが、数か月前から新聞を読まなくなった。

 代わりにスマホのニュースアプリを見るようになり、新聞の切り抜きをしなくとも、ニュースアプリで気になった記事があればそれをツイッターにあげるなり、Evernoteにまとめておけばいいことにも気が付いた。

 新聞の切り抜きは2014年頃から始めた。確か池上彰さんの著書を読んで、自分も気になる記事をまとめてみようと思ったのだ。そうして、自分が興味ある分野の記事を見つけては切り抜いて紙に張り付けてまとめていた。しかしまとめたところで読み返さないのである。読み返さないものをまとめていても仕方がないし、新聞記事をスクラップすればするほどそれを保管する場所も確保しなければならない。見ないものを見える場所に閉まっておいても仕方がないので、押入れにしまうようになった。そして去年の12月を境に新聞の切り抜きから卒業した。

 代わりにニュースアプリを使っていると書いたが、今現在対して使っていない。トップニュースを見る程度で、新聞をすべてめくり、ざっと見ていた頃よりニュースを見る時間は減った。それが良いのか悪いのかはまだわからない。ただ今まで溜めた新聞の切り抜きを捨てるために整理整頓する中で、こんな記事もあったなと思うものもある。それは総じてニュースサイトのトップには載らない小さな記事で、それらを見つけることができるのは情報量過多のニュースサイトでは至難の業で、やはり取捨選択された新聞のほうが役に立ちそうだと思うのである。それでも切り抜きは大変な作業なので、ニュースアプリでそのような気になる小さな記事を見つけられるよう試行錯誤をしていきたいと思う今日このごろであった。