毎日が短い

日常的な話

癒しは人と喋ること

今週のお題「私の癒やし」

 

 癒されるものはいろいろある。お風呂に入れば身も心も落ち着いて癒されるし、音楽を聴くのもいい。ただ一人ですることよりも、友達となにかをするほうがけっこう癒しになることに最近気が付いた。

 前から一人で過ごす時間の方が多く、人といると疲れるため休日は家で過ごすことが多かったが、最近はDiscordというスカイプに似た通話サービスをよく使用して、人と話している。何を話すかといえば、ゲームの話なんだけど。

 リア友と一緒に通話をしながらPCゲームをすることもあれば、ネットで知り合った人たちと通話をしながらスプラトゥーン2をしている。

 昔は通話が苦手だなと思っていたが、共通の趣味、ここではゲームだけど、一緒にゲームをしながら通話すれば話題が尽きることもない。それでもたまに変な人と通話して雰囲気が悪くなることもあるが、それはそれで良い経験と思っている。まあそんな通話に癒しはないのだけど、やはり慣れ親しんだ友達との通話はとても癒しになる。

 人と触れ合うことは癒しに繋がるみたいなことを本で読んだが、実際に相手の肌に触れあわずとも、通話による声のみの触れ合いもまた、人を癒すのだ。遠く離れた場所に住む友人とも気軽に通話できる今の時代に感謝したい。

 そして、今日もまた私は友達と通話するだろう。癒しをもとめて。