毎日が短い

日常的な話

子どもの泣き声が本当に無理

 人間生きてれば悩みの一つや二つあるもので、小さな悩みはすぐ解消されるか、小さすぎて悩んでいるうちに気にならなくなったりするんだけど、大きな悩みというのはずーっと継続して悩みとして存在し続けたりする。

 私の場合、子供の泣き声が苦手だ。多少の泣き声は気にならないけど大きな声で鳴かれると一緒の空間にいるのもきつい。甥っ子が出来てあやしたりするが大声で泣いている時は正直ぶんなぐってやりたいと思いながらあやしている。

 このイライラはどうにかならないかなと色々検索したけど、対策なんて結局なくてとあるサイトに泣くこと=よくないことと思い込んでいない?とちょっとなに言ってるかよくわかんないことが書いてあって衝撃だった。

 泣いている声でもイライラする時としない時があったけど、最近は少しでも泣いたりすると大声で泣き始めるんじゃないかと心配になって泣き始めただけでイライラしてしまう。泣いている時こそ一緒に泣いている原因を共有して落ち着かせてあげたいと思いながらも、泣き声によってイライラしてそんな余裕は消えてしまう。

 世の親たちはすごいと感じる今日この頃だ。